2017年12月27日水曜日

第51回 日本作業療法学会


51回 日本作業療法学会
平成299222324
東京国際フォーラム

 51回日本作業療法学会に参加・発表してきました。

今回の学会は、東京ということもあって、全国各地の作業療法士が5000人ほど集まった大きな学会でした。

今回の学会のテーマは、「作業療法の挑戦~多様化するニーズに応える理論と実践~」ということで、ポスター・口述発表や基調講演、モーニングセミナーからイブニングセミナーと充実した内容でした。


私が1日目に参加したイブニングセミナー「日本の作業療法の原点へ!患者力を引き出す認知作業療法 コア・モデル」では、会場に入りきらず立ち見まで出てしまうほど大盛況でした。

発表は、当院リハビリテーション料 作業療法士の

田辺寛則「 地域包括ケアシステム/地域包括ケア病棟における作業療法の新しい役割の提案」(ポスター)

成田雄一「糖尿病診療における作業療法士の担うべき役割について」(ポスター)

西尾香苗「多職種協同で行う終末期がん患者に対する外出支援への取り組み」(口述)

井戸川由花「NSTにおけるOTの役割―低栄養状態の悪化を防ぎ,意欲・活動性向上を図れた症例―」(ポスター)

安部早紀「成功体験の積み重ねにより挑戦する意欲を引き出せた一症例」(口述)

玉置紗也「栄養状態の見直しが作業療法介入のきっかけとなった例」(ポスター)の6人で行ってきました。


私は、光栄なことに40題のスペシャルセッションに選ばれ、大きな会場で発表させていただきました。緊張は最高潮でしたが、他施設の先生方にご意見やエールをもらえて、とても貴重な時間でした。お世話になった先輩や学校の同級生、恩師、同期や前職場の後輩などにも会うことができ、全体を通して明日も頑張ろうとエールをもらえた学会でした。

年に一回、自分たちの実践を発表できる場があるっていいものですね。


(文責・西尾)

第25回 日本慢性期医療学会


25回 日本慢性期医療学会
平成29101920
仙台国際センター

25回日本慢性期医療学会に参加・発表するために仙台へ行ってきました。
朝早くの新幹線は大変でしたが、仙台のおいしいものも堪能し、2日間の学会ではたくさんの実践を聴くことができました。
今回のテーマは「地域がつくる慢性期医療~新たな医療への挑戦~」ということで、当院からは、リハビリテーション料の西尾(作業療法士)・中谷(理学療法士)の2人で発表してきました。
西尾香苗「がん終末期における作業療法士としての介入に難渋した一例~最期まで関わり続けるとは~」(口述)
中谷友香「自宅で最期を看取りたい ~家族の思いに寄りそった多職種支援とは~」(ポスター)


慢性期医療学会は、医療職多職種参加型の学会なので、医師、看護師、リハ職種、介護職、栄養士、薬剤師など、様々な職種からの実践を聴くことができ、臨床に活かせそうな意見をたくさんいただきました。
ポスター発表の中谷さんは、発表時間以外にも積極的に話しかけ、意見交換することができていました。初めての学会発表ということもあって緊張している様子ではありましたが、病院内では経験することができないことを経験し、キラキラ輝いて見えました。
今回、私は介入に成功した例ではなく、難渋した症例を発表させてもらって、他施設の先生方に意見をいただけたことや、同じように苦悩して関わっている仲間の存在が後押しとなりました。
リハ職種だけでなく、多職種で参加する学会も、さまざまな意見がもらえて、充実した学会でした。
来年は、当院でも多職種で参加できたらいいなと思っています。

(文責・西尾)







第20回 神奈川NSTフォーラム記念大会


20回 神奈川NSTフォーラム記念大会

201711/11()に第20回神奈川NSTフォーラム記念大会を聴講して参りました。

世界レベルで活躍されている東口先生の特別講演では、病院へ来る前の予防活動として我々医療人ではなく地域で暮らす高齢者の方々にサルコペニアを予防するために必要な「食力」が浸透するよう活動を日本全国で実施されていました。病院受診の前段階である地域で生活する高齢者へ病気の予防に力を入れており、楽しく長生きして過ごせるよう今後さらに増加する超高齢化社会へ向けての啓蒙活動を行っていることを知りました。病院内の事しか考えられていない自分の視点の狭さに改めて気付かされました。



今回、一般演題では当院の作業療法士 玉置紗也さんが「NST介入が意欲改善のきっかけになった例」を症例報告しました。初めての発表とは思えないほど落ち着いて堂々としたプレゼンテーションであり、聴講者からの質問に対しても的確に返答されておりました。見習うべき点も多くすごく刺激になったと感じています。また、NSTという切り口から発表されていた他の先生方の演題や質疑応答では栄養剤の使用のタイミングや方法、種類など着目すべき事についても具体的に知ることが出来、非常に勉強になったフォーラムでした。

文責 理学療法士 中山裕美

2017年6月13日火曜日

第60回 日本糖尿病学会年次学術集会で発表してきました!


60回 日本糖尿病学会年次学術集会 
会場:名古屋国際会議場、日本特殊陶業市民会館、ANA クラウンプラザホテル
会期:2017518日(木)~20日(土)



先日、第60回 日本糖尿病学会年次学術集会にポスター発表で参加してきました。メインの発表会場は名古屋駅から少し離れた郊外にあり、熱田神宮も近く、自然に囲まれた場所で糖尿病学について学んできました。

今学会のテーマは「糖尿病学の夢の実現へ:未来への架け橋」で、リハビリテーション科から成田雄一(作業療法士)、宗村明子(理学療法士)がポスター発表を行いました。


成田は、「糖尿病教育入院後の外来通院時に作業療法士による精神心理的な介入を継続した症例」、宗村は、「当院における糖尿病教育入院患者の実態調査」の発表を行いました。

今回は他学会や団体との合同シンポジウムも多く、海外からのトピックや、普段聞くことの出来ない先生方のご講演を耳にし、学びの多い学会でした。

2016年8月3日水曜日

第22回市民公開講座「おりがみで花を折ってみませんか?」を開催いたしました。

7/28に第22回市民公開講座夏休み特別企画「おりがみで花を折ってみませんか?」を開催いたしました。
今回はご年配の方から小学生の方まで、幅広い年齢層の方20人余りにご参加いただきました。

美麗で個性豊かな多数のお花が作成され、年代を超えた市民の方々との交流を行うことができました。

  • 掲載させて頂いた写真は、当ブログに使用する可能性があることを説明のうえ、ご同意をいただいています。
  • なお、当ブログ掲載後になんらかの不都合がある場合は速やかに削除いたします。


2016年6月7日火曜日

第59回 日本糖尿病学会年次学術集会で発表してきました!

59回 日本糖尿病学会年次学術集会
会場国立京都国際会館、ロームシアター京都、みやこめっせ
会期:201619(木)~21日(土)

 
 
 先日、第59回糖尿病学会年次学術集会に口述発表・ポスター発表で参加してきました。発表会場は京都の岡崎エリアで、平安神宮も近く初夏の京都の雰囲気を感じながら、糖尿病治療の最前線を勉強してきました。

 今学会のテーマは「知の融合が拓くあたらしい糖尿病学」で、リハビリテーション科から成田雄一(作業療法士)が口述発表、鈴木拓也(理学療法士)、宗村明子(理学療法士)がポスター発表を行いました。
 
  
 成田は、「糖尿病教育入院後の自己管理行動の継続についての検討~作業療法士の精神心理面への介入比較~」、
 
 
 
 鈴木は、「多職種協同と個別指導を重視した糖尿病支援チームの活動報告と今後の課題」、
 
 
 
 
 宗村は、「夜勤業務に就労する糖尿病教育入院患者に対する多職種での関わりについて」の発表を行いました。
 
 
 

 学会のテーマでもある、「知の融合」に関連して、発表時間以外にも糖尿病診療に携わる様々な職種の方々と情報共有することが出来ました。今後の療養指導において活かすことができる、多職種での情報の融合を図れる有意義な時間となりました。



2015年9月30日水曜日

童謡を歌う会

 8月22日に入院患者さんの皆さんと一緒に、童謡を合唱する「童謡を歌う会」を開催しました。
 
 8月ということで、夏にふさわしい曲、7曲を皆さんと一緒に歌いました。 
 
 世代を超えて受け継がれてきた童謡にはやはり不思議な力があり、患者様と医療者の垣根を越えてつながることができました。

<曲目>
  • 夏の思い出
  • 夏は来ぬ
  • 浜辺の歌
  • うみ
  • ソーラン節
  • 東京音頭
  • 炭坑節

2015年8月20日木曜日

オーストラリア人医師による総合診療ワークショップ

 8/9に福岡で開かれた、オーストラリア人医師による総合診療ワークショップに行って来ました。オーストラリアは広大な国土に人口が散在しているという国の特性上、総合診療・家庭医療が発達している国の一つです。今回、僻地や離島で活動できる医師を養成する活動をしている「ゲネプロ」という団体の主催で行われたワークショップに参加してきました。 僻地で内科のみならずお産や新生児医療までカバーしてしまったり、航空機に乗って診察に行ったりするドクター達の熱い講義を、英語で受けるという内容の濃い1日でした。
写真は終了後に頂いた、オーストラリアの総合診療関係の学会の認定証です。

総合診療・漢方科 門馬正志

 
 

2015年8月8日土曜日

第49回 日本作業療法学会in兵庫に行ってきました!

2015年6月19日(金)~21日(日)に神戸ポートピアホテル、神戸国際展示場にて行われました第49回日本作業療法学会にOT4人が発表してきました。

日本に作業療法士が誕生してから50年ということで、今回のテーマは「温故知新-五十路(いそじ)を還り、将来(みらい)を展(の)ぶ」で様々なシンポジウム、教育講演が行われました。

 


発表内容も幅広い視点で、様々な演題発表が行われていました。
今回の学会を通し、自分にはない視点がたくさんあることを学ぶことができました。来年の日本作業療法学会に向け、さらに勉強を積み重ねていきたいと思います!

兵庫を満喫してきました!

2015年7月17日金曜日

第58回糖尿病学会年次学術集会で発表してきました!


58回糖尿病学会年次学術集会

会場:海峡メッセ下関、他

会期:2015521日(木)〜 24日(日)
 

 
 先日、第58回糖尿病学会年次学術集会に口述発表で参加してきました。会場間の移動は、本州(下関・唐戸)と九州(北九州・門司港)を結ぶ関門海峡を汽船で移動する特殊なアクセス方法でしたが、天候にも恵まれ、海風を感じながら、糖尿病治療の最前線を勉強してきました。

 今学会のテーマは「糖尿病学の進化と深化〜サイエンスとヒューマニティーの融合〜」で、リハビリテーション科から成田雄一(作業療法士)、鈴木拓也(理学療法士)の2名が口述発表を行いました。成田の発表では、糖尿病患者における精神・心理面へのアプローチの効果と有用性について、鈴木の発表は、院内における理学療法士・作業療法士の役割の認識に関するアンケート調査について、両発表とも、院内において多職種で療養指導を実施する重要性を念頭に発表を行いました。



 今後も院内において、多職種で協力して療養指導をしていける環境づくりを継続し、チームとしての関わりを対象者へ提供していくことに努めていきたいと考えています。